練習ノート2022

2022シーズンに、スクールで教わった内容を纏めています。
*あくまでも個人的な印象や教わった内容をコメントしていますので、
あまり参考になさらずに、実際に受講してみてください。

INDEX
(スクール名の明記ないものは、石打丸山です。)

2022シーズン

エンジョイコブキャンプ

ロングターン特訓

プライベートレッスン


エンジョイコブキャンプ

昨シーズンも参加したのですが、今期も日程があったので参加してみました。
参加レベルは、2級から1級あたりの方を想定しているキャンプです。
講師の常連のお客さんが揃って、
申込みは10名だったようですが、合計8名の参加でした。
参加費は7,500円です。

場所は、緩中斜面のスポーツマンコースです。
午前中は横幅を取ったコブを掘り、その中でバンクのラインを使って、
大きく回る滑り方を練習しました。
午後は縦に落下するラインを掘って、その中でも縦目のライン取りをどう取るかという練習をしました。
管理人は特に縦のラインを取る滑りが苦手なので、
板のトップをどのあたりに向けていけば良いのかというところを確認できたのが良かったです。

指摘事項としては、
左ターンの時は良いが、右ターンの時の左外足の膝の向きが内側に倒れ過ぎている。
もっと次のターンに向かって膝を動かして行きたいところです。
あとは、これまでもたくさん指摘されてきた肩。
以前は、「肩に力入り過ぎ」、「ハンガーで吊るされている」とまで言われていたので、
最近は整地も含めて肩を下げるように意識して滑っているのですが、
それでも斜面下から見ると、肩が力んでいるように見えますね(涙)。カッコ悪い・・・
今回は「肩が前に出過ぎていて、左右の動きが制約されている」という指摘でした。
大きく回るライン取りの際には、もっと肩甲骨を適度に締めるほうがいいとのコメントでした。
腕のスタンスが狭いということですね。

日頃はあまり滑らない緩中斜面のコブを滑れたので、
考えながら滑れたのがよかったです。


会場のスポーツマンコース
軟らかい雪でした

横方向からの撮影
@左ターン山回りの後半

Aそこからコブを
受けて・・・

Bここで切り替えへ
膝頭の向きを意識したい

C実際にはここで
フラットになってますね

D谷回り2時くらい
脛の前傾角は悪くない

E山回りに入る直前
肩回りは課題です


ロングターン特訓

今回は2年振りに、11月のネット予約開始日に申し込みまして、
当日は11名参加でした。

1.重心移動
全員一本大回りの滑りを見てもらった後、
ターン後半トップが浮いている人が多いということで、そこを修正する練習になりました。
(管理人は、以前から指摘されているし、自己認識もある課題です。)
切り返しの時に、重心がブーツの上を通過するように意識します。
足首、膝関節、股関節の曲げがしっかり出来ていて、脛の前傾がキープされていないと、これは出来ないですね。
下の写真1〜2枚目は、これを意識して切り替えているところですが、
う〜ん。トップは浮いていないのでいいんですが、
もっと脛の前傾を強めて、股関節の曲げももう一段深くしたいんですけどねぇ。

ちなみにこれを意識せずに切り返してみたら、
思っていたよりも後ろの位置で切りかえていることに気づきました。
トップを浮かせてしまう時の重心移動は、ヒールピースの上を通っていたので、
これを感じるときは後ろにいる証拠ですね。

2.叩かれない外足
「雪面と喧嘩をしない滑り」が求められるのは、いつの世にも共通することですが、
急斜面大回りで強いエッジングをすると叩かれることがよくあります。
これをしないようにしたい訳です。

最初に、グリーンの緩斜面で、プルークで親指(インエッジ)だけ押さえたターンをします。
これは普通の「叩かれやすい」運動要素ですね。
その後、時計で言うと8時もしくは4時の辺りから小指もしっかりブーツを押さえてターンしていく滑りをやってみます。
この動作によりターン後半の角度を緩めることにつながり、斜面から叩かれにくくなる訳です。
これは以前にも教わりましたが、体がすっかり忘れてしまっていました。。。
注意点としてコメントがあったのは、角度を緩めることを意識するばかりに、
小指だけを使った滑りにならないようにすること。
ちゃんと親指は押さえておきながら小指でも押さえられるようにします。
3枚目の写真は、それをザイラーコースの中級斜面で意識して滑っているところです。

3.外スキーを起こす
そうは言っても外スキーの角を立てないといけないんですが、
エッジを立てるという意識よりも、エッジから1cmくらいの幅を使うようにする意識が近いです。
以前は「面で滑る」とよく言いましたが、意味合いは近いですよね。

4.ロングターンの傾向
最近のロングターンは横に引っ張らずに縦に落とす傾向があるようです。
流行を追うのもいいんですが、対応力をつけるためには、ワンパターンの滑りばかりするのではなく、
広いスペースでのロングターンもしておく必要がありますね。

5.プルークスタンスからパラレルスタンスへ
緩斜面で幅広のスタンスを取り、両腰(骨盤)の下辺りに手を添えて、
谷回りをしながら外腰を内腰と比べて下に下げていくような運動をします。
最初はプルークスタンスで、じっくりと考えながら。
5枚目の写真はかなりぼやけてますが、右外腰を下げ始めているところです。

外股関節をブーツのほうに下げていくことで、両股関節に落差が出てきます。
股関節のところで体を輪切りにした時に、重心のボールがターンの時に外足に転がっていくような感じと説明してました。
この時に、上体の向きはスキーの進行方向を向くようにします。
肩を下げたり、内肩を引いたり、腰から上を折り曲げるような使い方をしてはいけません。
また、股関節を下げようとするあまり、腰を後ろに引いてはいけません。
パラレルスタンスの時はある程度スピードを出さないと外スキーを立てられないので、緩中斜面での練習がいいでしょう。
6枚目の写真は、パラダイス沢コースでの実践練習ですが、
滑り手のフィーリング以上の運動をしないと、シルエットには変化が出ないんですね〜。

今回は、プライベートレッスン受講後に受けたので、
教わった内容の点と点が繋がって、とても良かったです!


左ターンへの切り替え
股関節の曲げが甘い

右ターンへの切り替え
脛が起きてるよ〜

小指もしっかり押さえて
大回りをビデオ撮り

その場で映像を確認
いいですね!

プルークスタンスで
外腰を下げる練習

教わった内容を
意識しながら滑るも

股関節の曲げを比較すると
一目瞭然ですね。。。

プライベートレッスン

シーズン初日から師匠のプライベートレッスンという贅沢を味わいました
2名で受講したので、一人¥17,250でした。
お値段以上の価値だったと思います

(キャンプは本校受付ですが、プライベートはリゾートセンター受付なんですね)

1.「荷重」と「加重」
自ら板に働きかける「加重」の運動の前に、
自然と重心移動していく「荷重」の動きをしっかり作るということです。
左右の体のバランスが崩れたときに自然に重みが掛かってくるようにします。
(これは、翌々日に受けたロング特訓で説明されていますね)
荷重の動きができていないのに、働きかける運動をしても駄目だということです。

2.背中の使い方
腰椎と大腿骨を結ぶ筋肉群である腸腰筋を使えるようにするためには、
背中を反らないようにします。
背中を反って使うと腸腰筋が動かせなくなるためです。
椅子に浅く腰掛けてできるような背中の丸まりにすると動かせるとのことで、
あら、その背中は管理人は作るのが得意ですよ♪

3.関節の使い方
上記の背中の使い方を意識しながら、
ターン後半4時の位置から、次のターンの谷回りの11時まで足首をしっかり入れ、
脛の前傾を起こさないようにして滑ります。
この時に、股関節は自分が思っているよりもかなり大げさに曲げるようにして滑りました。
それでも下から見ると、それ程極端には見えず、「普通」に見えるんですよね〜。
ニュートラルの時も、この姿勢を維持します。

4.板に乗る位置
よく「板を踏む」という表現が聞かれますが、
スキー板を真上から踏んでもたわむ訳ではなく、ちゃんと角づけをしていることが前提です。
角付けがなされた上で、板のセンターに働きかけるのですが、
意識としては、トゥピースを押さえるような感じがいいとのこと。
それで結果として、板のセンターの辺りが押さえられている状態になります。
今までは、足裏で圧をかけていくイメージを持っていましたが、
このトゥピースをイメージするのは、ロングターン特訓で書いた「重心移動」にも繋がるなぁ〜と思いました。
足裏の意識だと、トップが軽くなっちゃうんですね。

5.ずらす範囲
外足を板の向いている方向から90度の方向に押し出してずらしていく横ずれと、
板の進行方向0度の縦ズレの間で、斜めにずらす練習を
プルークスタンスでやってみました。
45度でずらしていくような感じ。
これも対応力向上の一環ですね。

6.ひねり
ワイドスタンスで斜滑降しながら、山足、谷足それぞれブーツの位置を変えないように(外足を開き出さないように)
トップを閉じていく練習をやりました。
その時大腿を内側に捻りながら外スキーを外に出さないように体の真下方向に向かって働きかけていきます。
これは、股関節(大腿の付け根)から大腿をひねる意識ですね。
板のトップを動かす意識を持つと、結果としてテールが外に出てしまう動きになるのでダメです。
股関節、膝関節、足首の3点をしっかり曲げて使いながらターンしていきます。
そしてこの時、外スキーのエッジが立てられ、板の幅の1/4(インエッジ側)を使って滑るような意識になります。

この練習が管理人には特に難しかったですね。
どうしても外足を外に出してしまう動きになってしまい、後からシュプールを見てみるとズレが目立ってしまっていました。
そこで板を脱いで動きを確認しました。
何も意識せずに雪上に立つと、自然とブーツのトップが開いてしまいました。
そうではなくブーツのトップはスキーの進行方向を向くようにします。
その上で大体のひねりをやってみます。内側に「ぐぐーっ」と。
ブーツを脱いでいると出来るのですが、滑りながらではついつい外に圧を求めていってしまっていました。
それは外足に「ただ乗っているだけ」ということですね。
翌日のフリーで練習したら、少し落差を取るとなんとなくフィーリングが得られましたね。

ひねり要素を出すのが昔から苦手でしたが、
板に仕事をさせるには、やっぱり意識して使っていかないといけないんですね。
フリーで滑っていると、けっこう意識が抜けちゃうので
脛の前傾と同じくらい意識して滑ってみようと思います。


TOPに戻る